おさえておきたい!サラサラ髪になるコツ
2017.05.26

おさえておきたい!サラサラ髪になるコツ

女性にとって髪はとても重要であり、いくらお洒落をしていても傷んだ髪の毛では女性らしさが軽減してしまいます。
自宅でケアの仕方を気をつけるだけで、サラサラの髪を保つことが出来るので、心がけてみると良いでしょう。

☆髪を洗う前にブラッシング

シャンプーを行う前にブラッシングをするということはとても大切な行いです。
しかし面倒くさいからという理由からブラッシングをしない状態でシャンプーをしてしまう傾向があります。
ブラッシングをしないままシャンプーをしても、髪の毛が絡まり、無駄に擦れ合うことで髪を痛めつけてしまう原因となります。
絡まったままの状態でシャンプーをしても、シャンプーが行き届かずシャンプーの効果を最大限に発揮できません。
また、ブラッシングをすればシャンプーだけでは落としきれない頭皮の汚れやフケが浮き上がるので、シャンプーで綺麗に取り除くことができるのです。
頭皮の汚れやフケは髪の毛の絡まりの原因にもなりますし、栄養分が行きとどまり、サラサラの髪ではなくなってしまうでしょう。

☆シャンプーは指の腹でマッサージ

シャンプーの時は指の腹で頭皮をマッサージしながら行いましょう。爪を立ててしまうと頭皮が傷つきフケやかゆみの原因となってしまうため、指の腹を使うことがポイントです。
マッサージをすることで頭皮が刺激され、血行促進に繋がるので、抜け毛対策にもなりますし、栄養分が行き届くようになりサラサラの髪になります。
頭皮はかなり汚れが溜まりやすい所でもあるので、マッサージをしながら洗うと、汚れを浮き上がらせる事にも繋がるでしょう。
また頭皮は、頭も肩のように凝り固まることがあり、頭痛などの原因となることもあるのです。マッサージを行うことで頭痛の解消にも繋がるでしょう。
こめかみ部分や襟足部分は、特に洗い残してしまいがちなので、入念に洗うように心がけると良いでしょう。

☆1番重要!タオルドライの仕方

ドライヤーで乾かす前に、入浴後タオルドライを行いますよね。その時にタオルとタオルの間で、こすり合わせるように水気をとると髪同士が擦れ合い、傷んでしまいます。
絡まりの原因ともなるので気をつけましょう。タオルドライの仕方として、タオルとタオルの間に髪を挟み、ポンポンと叩くようにして水気をとりましょう。
また、入浴後タオルドライで済ませてしまうのは、髪にとって良い行いではありません。
頭皮が濡れた状態が続き、自然乾燥させてしまうと雑菌の繁殖に繋がり嫌な臭いの元となってしまいます。
自然乾燥は髪に必要な水分やキューティクルを蒸発させてしまう事にも繋がってしまうため、タオルドライ後はドライヤーを使ってしっかりと乾かしましょう。 

Beauty Column〈最新の記事〉

炭酸シャンプーって髪にいいの?
2020.04.01

炭酸シャンプーって髪にいいの?

炭酸シャンプーって何だろう?髪にいいの?自分に合うのかな? そんな疑問をお持ちの方のために、今回は炭酸シャンプーの特徴についてお話します!

続きを読む
髪のホームケアは何をすればいいの?
2020.02.01

髪のホームケアは何をすればいいの?

「髪の悩み」と言っても、その悩みの内容は人それぞれ、様々です。 せっかくサロンでトリートメントメニューを施術してもらったのに、日にちが経って家で自分でやると思うように満足できない…。 そんな経験がある方は少なくないと思います。 今回は、自宅でどのようなホームケアをすればいいのかを説明していきたいと思います。

続きを読む
どうして白髪になるの?~白髪のメカニズム~
2020.01.12

どうして白髪になるの?~白髪のメカニズム~

黒髪の間に、ちらほらと目立つ白髪。同年代の間でも白髪が目立つ目立たないに差があるのはなぜでしょうか。 今回は、白髪になるメカニズムを説明していきたいと思います。

続きを読む